電話をかける

カルビの豆知識と牛肉の栄養素

   

 

みなさん、こんにちは!

本日は、焼肉の王様、カルビの豆知識と牛肉の栄養素についてご紹介します。

 

どの部位がカルビ?

カルビは焼肉ではおなじみで、人気部位ですよね。

焼肉こいのぼりでも、和牛カルビはいちばん人気の商品です。

カルビ(朝: 갈비)は、韓国語で肋骨(あばら)を意味するが、韓国料理においてはその周辺に付いている肉、つまりばら肉のことを言う。

出典:カルビ Wikipedia

 

つまり、簡単に言うと、牛のあばら骨の周辺のお肉です。

簡単に絵を描きました!こんな感じです!

※絵が下手なのはつっこまないでください

実際には、カルビと呼ばれる部位は無いので、あばら骨付近の脂質の多いお肉を指します。

おおまかに、肩よりが特上・上カルビに分類されることが多く、それ以外の部位を並カルビとして扱うお店が多いそうですよ。とはいえ、特上・上・並カルビの定義の基準は無いので、提供店舗に表記はまかされています。

つまり、カルビはお店ごとで違う部位が提供されているわけです。店舗ごとで、色々なカルビが楽しめるのも、焼肉店の楽しみ方の一つですね!

 

焼肉こいのぼりでは、塊肉を仕入れして、店長がひとつひとつ丁寧に部位ごとに切り分けていきます。塊肉は、切ってみないと部位として取れる量がどのくらいあるかわかりません。ですが、部位指定で、切り分けられた部位を仕入れるよりも、塊肉で仕入れることで、多くの量を確保できます。こうすることで、少しでも安価に、良いお肉をみなさまに味わっていただきたいと思っています。

 

ちなみに、一般的にカルビ(特上・上)に分類される部分に三角バラ・ミスジも含まれます。焼肉こいのぼりでは、ミスジはミスジとして提供しております。ミスジについては、またの機会にご紹介します。

カルビの美味しい食べ方は?

カルビは脂質が多い部位ですので、脂を落とすためにしっかり焼いていただくのがおすすめ!ですが、焼きすぎはお肉がパサパサしてしまうので、厳禁です。

表面がほんのりこんがりするくらいがベストです。

おすすめは、焼肉こいのぼりの濃口たれで。

ニンニクのきいた醤油タレです。脂の多いカルビによく絡みます!!

 

牛肉の栄養素

牛肉は脂質が多いので、高カロリーのイメージがありませんか?ですが、牛肉は栄養素たっぷりです。今回は、牛肉の豊富な栄養素をご紹介します。

牛肉は、脂質のほかにもたんぱく質、鉄分、さまざまなミネラルを豊富に含んでいます。

特に、牛肉に含まれているヘム鉄は、植物性食品に含まれている鉄分にくらべて人体への吸収率が7倍!そのうえ、熱に強く加熱してもほとんど失われないため、焼肉で美味しく鉄分補給が可能です。このヘム鉄は、貧血や冷え性の改善に高い効果が得られます。貧血・冷え性に悩まれている女性のみなさん、牛肉はオススメですよ。

他にも、牛肉に多く含まれる亜鉛には、味覚を正常に保ったり、免疫力を高める効果があります。

色々な栄養素が豊富な牛肉は、健やかな身体作りには、かかせない食材と言えますね。

 

本日は、カルビの豆知識、牛肉の栄養素をご紹介しました。

美味しくて、栄養たっぷりの焼肉を、焼肉こいのぼりで、ぜひ召し上がれ!

焼肉こいのぼり岡山今七丁目店焼肉こいのぼり 岡山今七丁目店
■住所:〒700-0975
岡山市北区今7丁目22-25
■電話:086-250-5729
■mail:yakiniku.koinobori.ima@gmail.com

■SNS フォローよろしくお願いします。
SNS一覧

FB:https://www.facebook.com/yakiniku.ima/
twitter:https://twitter.com/yakinikuima
インスタ:https://www.instagram.com/koinobori.ima/

 - スタッフブログ, 焼肉